2009年01月13日

個人情報保護方針

当サイトは、お客様のプライバシーに係わる個人情報を保護することに細心の注意を払い取り組みます。
当サイトにおいて、お客様ご自身の判断により個人情報をご提供いただく場合がございますが、その情報は必要最小限の情報とし、その他の情報のご提供につきましてはお客様の判断を尊重いたします。


【個人情報の収集】
当サイトでは、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。
その際には、あらかじめ、その目的を提示するものといたします。

【個人情報の保護】
当サイトは、お客様からご提供いただいた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。


【個人情報の提供・提示】
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。


【ご本人様からの問い合わせ】
当サイトがご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切に対処させていただきます。


【お客様の同意について】
当サイトは、お客様が当サイトを利用されるにあたり、当サイトの個人情報の取り扱いに対する考えに同意を得ておられるものと考えます。
また、当サイトのご利用は、お客様の責任において行われるものとします。
今後、ここに記載された内容が予告なく改訂される可能性がありますのでご了承下さい。
posted by ワニ at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

特定商品に基づく表示

当サイトはアフィリエイトプログラムによって運営されています。


運営統括責任  ワニ

所在地      福岡県柳川市

連絡先Eメール:  hiryu10170524★yahoo.co.jp

※★の部分を@マークに変更下さい。

URL      http://himina8.seesaa.net/?1247583831

お申し込み方法
Webサイト上よりお申し込み(24時間受付)


販売数量          制限無し

商品代金以外の
必要な料金 銀行振り込みの場合は振り込み手数料

お支払い方法 各種クレジット・銀行振り込み

販売条件      国内

個人情報の保護 下部をクリックして「個人情報保護方針」をお読         み下さい。
          「個人情報保護方針」

責任の有無 商品の性質上、当商品をご利用されていかなるト         ラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を         負えません。ご了承お願いいたします。


※ご購入後のメールサポートに関するお問い合わせはこちらをご利用下さい。
↓↓メールサポート

2009年01月10日

成因

うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的
仮説があるとされている。


心理的仮説は生理的な理由付けがないため、
科学的根拠に欠けるとの批判が存在するが、
生物学的仮説は脳と精神の関係がほとんど解
明されていないこともあり、治療という面で
も初期の段階にあるとされている。


ただし、精神分裂病などに幾分か有効な薬が
開発されているが、現在はうつ病の症状を抑
える程度の薬しか存在しない。


いずれの成因論もすべてうつ病の成因を統一
的に明らかにするものでなく、学問的には、
尚明確な結論は得られていない。


治療場面では、なぜうつ病になったかという
問いよりも、今できることは何かを問うべき
であると言われている。


この意味で、成因論は学問的関心事ではある
が、現時点では臨床場面での有用性は限定的
であるとされている。


 ●生物学的仮説は、薬物の有効性から考え
  だされたモノアミン仮説、MRIなどの画
  像診断所見に基づく仮説などがあり、現
  在も活発に研究が行われている。


  モノミアン仮説のうち、近年はSSRIと
  呼ばれるセロトニンの代謝に関した薬物
  の売上増加に伴い、セレトニン仮説がよ
  く語られる。


  また近年、海馬の神経損傷も話題となっ
  ている。


  ただ、臨床的治療場面を大きく変えるほ
  どの影響力のある生物的な基礎研究はな
  く、決定的な結論は得られていない。


 ●一方、心理学的・精神病理学的仮説とし
  ては、テレンバッハのメランコリー親和
  型性格の仮説が有名である。


  これは、几帳面・生真面目・小心な性格
  を示すメランコリー親和型性格を持つ人
  が、職場での昇進などをきっかけに、責
  任範囲が広がると、すべてをきっちりや
  ろうと無理を重ね、うつ病が発症すると
  いう仮説である。


  つまり、鬱の原因は人生問題であるとい
  うものである。


  生活での悩みが鬱の原因になるという主
  張はことに反論を唱えるものはいないが
  決してすべてのうつ病がこの仮説に一致
  する訳ではない。


  例えば家族の一員の死などで鬱になる場
  合いでも個人差があり回復に数年という
  ケースも存在する。


  またまれに理由もなく深刻な鬱である場
  合いもある。


  ただしこのような心理的仮説は鬱を生物
  学的に捕らえ治療を行うという考え方に
  対する疑問として掲示される仮説である。


 ●また、認知療法の立場からは、人生の経
  験の中で否定的思考パターンが固定化し
  たことがうつ病と関連しているとされて
  いる。


■生物学的仮説:脳の海馬領域における神経損傷仮説


 ●うつ病の神経損傷仮説:近年MRIなどの
  画像診断の進歩に伴い、うつ病において、
  脳の海馬領域での神経損傷があるのではな
  いかという仮説が唱えられている。


  そして、このような海馬の神経損傷には、
  遺伝子レベルでの基礎が存在するるとも言
  われている。


 ●心的外傷体験が海馬神経損傷の原因となると
  いう仮説:また、海馬の神経損傷は幼少期の
  心的外傷体験を持つ症状に認められるとの研
  究結果から、神経損傷が幼少期の体験によっ
  てもたらされ、それがうつ病発病の基礎とな
  っているとの仮説もある。


■心理学的仮説:病前性格論


心理学的成因仮説の代表は、病前性格論であ
る。


うつ病にかかりやすい病前性格として、主に、
メランコリー親和型性格、執着性格、循環性
格、が日本では提唱されている(米英圏では
強迫性)。


しかし、近年はうつ病概念の拡大や社会状況
の変化の伴い、下記の性格に該当しないうつ
病患者が増加している。


 ●メランコリー親和型性格はドイツの精神
  科医テレンバッハ(H.Tellenbach)が提
  唱したもので、秩序を愛する、几帳面、
  律儀、生真面目、融通が利かないなどの
  特徴を持つ。


  主として反復性のないうつ病を呈すると
  される。


 ●執着性格は下田光造が提唱したもので、
  仕事熱心、几帳面、責任感が強いなど
  を特徴を持つ。反復性うつ病ないし躁
  うつ病の病前性格の1つであるとされ
  る。


 ●循環性格はエルンスト・クレッチマー
  (E.Kretschmer)が提唱したもので、社交
  的で親切、温厚だが、その反面優柔不断
  である為、決断力が弱く、板挟み状態に
  なりやすいという特徴を持つ。躁うつ病
  の病前性格の1つであるとされる。
posted by ワニ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<% content.title %>
M103h.JPG
こちらから↓↓↓
うつ病克服体験記
心の旅<% content.title %>
無題.JPG
こちらから
↓↓↓↓↓
http://himina8.seesaa.net/article/127461259.html

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。