2009年01月05日

疫学

DSMの診断基準を用いたうつ病の有病率に
ついての12の疫学的研究をみると、ある時点
で過去1ヶ月以内にうつ病と診断できる状態
であった人の割合は、1.0%〜4.9%といわれ
ており、おおむね約2.8%が平均な調査結果で
あったと言われています。


また、生涯のうちにうつ病にかかる可能性に
ついては、近年の研究では15%程度という報
告が多いそうです。


また、2002年に行われた1600人の一般人口に
対する面接調査によれば、時点有病率2%、
生涯有病率6.5%とされているという。


これらの研究結果から、ある時点ではだいた
い50人から35人に1人、生涯の間には15人か
ら7人に1人がうつ病にかかると考えられて
いる。
posted by ワニ at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
<% content.title %>
M103h.JPG
こちらから↓↓↓
うつ病克服体験記
心の旅<% content.title %>
無題.JPG
こちらから
↓↓↓↓↓
http://himina8.seesaa.net/article/127461259.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。