2009年01月06日

症状

DSM-IVの診断基準は、2つの主要症状
が基本となる。


それは「抑うつ気分」と「興味・喜び
の喪失」と言われてある。


 ●「抑うつ気分」とは、気分の落ち
   込みや、何しても晴れない嫌な
   気分や、空虚感・悲しさなどと
   言われている。


 ●「興味・喜びの喪失」とは、以前
   まで楽しめていたことにも楽し
   みを見出せず、感情が麻痺した
   状態と言われている。


この2つの主要症状のいずれかが、う
つ病を診断するために必須の症状であ
るとされている。


これら主要症状に加えて、「抑うつ気
分」と類似した症状として、「自分に
は何の価値もないと感じる無価値感」、
「自殺念慮・希死念慮」などがあると
されている。


これらのグループの症状をまとめてみ
ると「気分が落ち込んで嫌な毎日であり
自分は存在している価値などなく、死に
たいと思う」という訴えとなる。


「興味・喜びの喪失」と類似した症状と
しては、「気力の低下と易疲労性」「集
中力・思考力・決断力の低下」がある。


このグループの症状をまとめると「何を
しても面白くなく、物事にとりかかる気
力がなくなり、何もしていないのに疲れ
ててしまい、考えがまとまらず小さな物
事さえも決断できない」という訴えにな
る。


さらにこれらの精神症状に加えて「身体
的症状」として、食欲・体重・睡眠・身
体的活動性の4つの領域で、顕著な減小
または増加が生じるらしい。


訴えとしては「食欲がなく体重も減り、
眠れなくて、いらいらしてじっとして
いられない」もしくは「変に食欲が出て
食べ過ぎになり、いつも眠たく寝てばか
りいて、体を動かせない」というもので
ある。



posted by ワニ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
<% content.title %>
M103h.JPG
こちらから↓↓↓
うつ病克服体験記
心の旅<% content.title %>
無題.JPG
こちらから
↓↓↓↓↓
http://himina8.seesaa.net/article/127461259.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。