2009年07月11日

怯える日々

とうとうお金も底をつき、色んな支払いが滞
ってきました。 (つД`)


生活にもゆとりがなく、毎日、今日の事を考
える事で精一杯でした。


そこで私は、やっと自炊をする事となりまし
た。


毎日、3食分のメニューを考え料理していま
したけど、全然美味しくありません。


自分で作った料理がこんなに不味いと思いま
せんでした。


そん中、滞納している所から、督促状の手紙
の嵐です!


携帯に、知らない電話番号が通知され、電話
はなるし、電話に出ると、支払いの用件です。


そんな毎日でしたので、いつしか、知らない
電話番号には出ないようになり、逃げていま
した。


家には、知らない人が訪ねてくる事もありまし
たけど、もちろん居留守を使っていました。


毎日、暗い部屋の中でご飯を食べ、テレビの光
だけを見つめ、酒を飲みながら、過去の事・現
在の事・未来の事を考えていました。


時には、泣きたくなるし、何も感じないように
なるし、刃物を握っている時もありました。


そんなある日、たまたま、ある封筒だけ目に入
ってきました。


それは、住宅支援公庫からでした。


内容は、滞納していたので、このままだと、差し
押さえになるという通知でした。


もう、どうして良いのか解らずにいましたけど、
とりあえず、銀行にいきました。


銀行に行き、病気の事を話、支払い変更の手続き
を取りましたけど、もう、この時はマイホームの
事は諦めていました。


理由は、自分に自信がなくなっていましたので、
働ける自信がなかったのです。


手続きが終わり、家に帰り着くと、疲れがいっき
にきました。


玄関の入り口から、家の中を見ると、子供と生活
していた日々を思い出しました。


2階の子供部屋に行くと、静まりかえっています
が、子供の暖かさなのか、思い出なのか解りませ
んけど、感じる事がありました。


なので、あまり子供部屋には、行きたくありませ
んでしたね!


その日も、またテレビの明かりだけで、すごして
いました。


次の日も、いつも通りご飯の支度をしていました
けど、ガスが点きません  (゚Д゚;≡; ゚Д゚)


そうです!止められました。  (x_x;)


滞納している金額はもちろん、支払う事ができませ
ん。


なので、鍋用のコンロを使って料理を始めました。


お風呂は、実家に行っていました。


もー人生転げ落ちるのを止める事はできずにいまし
た。


毎日、夜が訪れるのが怖く、生きていくのか、死ん
で楽になるのか、今まで、自分なりに頑張ってきた
事はなんだったのだろうか、生きていくんだったら
将来、普通の生活ができるんだろうかと・・・


真っ暗な部屋の中で、テレビの光を見つめながら、
悩んでいました。 
posted by ワニ at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
<% content.title %>
M103h.JPG
こちらから↓↓↓
うつ病克服体験記
心の旅<% content.title %>
無題.JPG
こちらから
↓↓↓↓↓
http://himina8.seesaa.net/article/127461259.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。